美原歯科医院・歯医者

治療案内-インプラント

インプラントって?

歯を失って悩んでいませんか?

虫歯や歯周病、突然の事故など、人はさまざまな原因で歯を失います。

歯を失うことで、食べ物がよく噛めない、正しく発音できないなどのからだの問題ばかりでなく、食事を楽しめない、人前で自然な笑顔が作れない、年老いて見えるなど心の問題と深くかかわっています。

歯を失うと、ブリッジや入れ歯が一般的な治療法として行われています。

ブリッジにしたけれど
  • ブリッジを作るために健康な歯を削られてしまう・・・
  • ブリッジを支えている歯が傷んでしまい、結局抜くことになってしまった・・・
  • 健康な歯とブリッジの見た目が違って見える・・・
部分入れ歯にしたけれど
  • 銀色のバネが見えて恥ずかしい・・・
  • 口臭が気になる・・・
総入れ歯にしたけれど
  • ガタガタして、硬いものが噛めない・・・
  • 食事の際、入れ歯と歯茎の間に食べ物が入り込む
  • 歯茎がやせてきたので、作り直さないといけない・・・

インプラントなら、そんなお悩みを解決できます

インプラント体の写真

インプラント治療によって、天然の歯とほとんど変わらない感覚で、物を噛んだり、会話を楽しむことができます。いま、天然歯とほとんど変わらない機能と外観を回復する「第三の歯 − インプラント(人工歯根)」治療が注目されています。

一般的な治療法とインプラントの比較

歯を失った場合に行われる一般的な治療法(ブリッジ・部分入れ歯・総入れ歯)とインプラントそれぞれの特徴を比較しています。

※下の画像(Flash)をクリックすると、ムービーが再生されます。

  1. 歯を1本失った場合

    ブリッジ両隣の歯を削って人口の歯をかぶせます

    • 噛む際に、削られた歯に負担がかかり傷みやすい

    インプラントインプラントを埋め込み、その上に人工歯冠を固定します

    • 単独で処置するので、健康な歯をそのまま保てる
  2. 奥歯を含めて複数の歯を失った場合

    部分入れ歯人工の歯を固定するために金属のバネで健康な歯に固定します

    • 金属のバネをかける健康な歯に負担がかかる
    • 常に違和感があり、金属のバネが見えて、見栄えが良くない
    • 入れ歯がぐらつき、食べ物が詰まり易いため、丁寧に掃除をする必要がある

    インプラント複数のインプラントを埋め込み、その上に人工歯冠を固定します

    • 単独で処置するので、健康な歯をそのまま保てる
    • 外観も機能も天然の歯と変わらないため、違和感がなく、特別なケアの必要がない。

  3. 全ての歯を失った場合

    総入れ歯人工の歯(入れ歯)を歯茎全体にかぶせます

    • 入れ歯がぐらついたりずれたりするため、入れ歯と歯茎の間に食べ物が挟まり痛む
    • 硬いものが噛めず、入れ歯が舌を塞いで味がわからない

    インプラント複数のインプラントを埋め込み、人工の歯を固定します

    • インプラントはあごの骨に固定され、ぐらつかないので食べ物が挟まることはほとんどない
    • 天然の歯と変わらない感覚で、物を噛んだり、味わったりすることができる

ページトップへ

Copyright©2007, Mihara Dental. All Rights Reserved.