あけましておめでとうございます

2016年も始まって2週間程経ちましたが遅ればせながら

新年あけましておめでとうございます!今年も美原歯科医院をよろしくお願いします

新年1回目のブログは院長の美原が担当させてもらいます

美原歯科のブログも少しずつ閲覧数も増えてきて患者様からも楽しみにしてるとのお声も頂き嬉しく思っております

今年は患者様からのご要望もありもう少し歯科ネタも入れようとは思いますのでよろしくお願いします

今年最初の歯科ネタは金属アレルギーです。

アレルギーといえば、みなさんは薬物アレルギーや食物アレルギーを思い浮かべると思いますが、

まれにいろいろな金属でアレルギー性皮膚炎が起こることがあります。

ピアス・ネックレス・指輪等は着けているその場所にアレルギー反応が出ますが口の中の金属は

唾液で金属イオンが溶出し全身にまわるため、身体のどこにアレルギー反応が出るかわかりません。

歯科の治療では、むし歯や欠けた部分の修復に金や銀、パラジウムなど20種類以上の金属を合金、その他の形で用途に応じて使用されています。

これらは数十年前から歯科治療において絶大な効果をあげてきました。今でも歯科材料の中で

金属は重要な役割を占めています。

ただ、口腔内は金属にとって非常に過酷な環境であるため、多くの合金は目に見えない形で金属成分が溶出しています。

溶出した金属成分が生体内のタンパク質と結合すると生体はこれを異物とみなして、アレルギーが起こることがあります。

既にヨーロッパ諸国では日本で使っている保険の金属は使用禁止になっています。

近年では、セラミック系の歯科材料が進歩したため金属以外の材料を使って安心して治療を受けることができるようになりました。

また、何か気になることがあればいつでもご相談ください。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。