唾液ついて。

こんにちは。
秋も深まり紅葉の季節がやってきましたね♪
当院の目の前を流れている大川沿いの木達も徐々に紅葉し始めております。

さて、今回は唾液についてお話したいと思います(*n”∀”)n

皆さんは、ご自身の唾液の量を意識した事はありますか?
唾液は色んなカタチで歯を守っているのです´◡`

唾液の働きとして大きく簡単に3つあげると、まず洗浄作用です。
唾液には歯の表面を洗い流す作用があるんです!!ミュータンス菌(むし歯菌)を洗い流してむし歯になりにくい環境にさせてくれます。
そして保護と修繕作用です。
唾液には、カルシウム、リン酸、フッ素イオンなどが含まれていて、歯のエナメル質を修復する再石灰化を促してくれます。
最後に緩衝作用(中和する働き)です。
唾液には重炭酸が含まれて、細菌などによって作り出された酸を中和して、中性に戻す働きがあります。

だから、歯の表面が唾液に触れている間は虫歯の原因となる酸が中和され、虫歯になりにくくしてくれます。

では、どうやったら唾液の量を増やすことができるでしょうか。

それは、噛む回数を増やすことです。
日常生活で欠かせない、お食事での一口を最低30回以上噛むことで唾液がどんどん出て消化を助けてくれます。

そこで当院は今回、唾液の量を増やす手助けとして、業界初の水溶性カルシウムフッ素が配合したデンタルガム、
POs-CaF』ポスカ・エフを販売することになりました♪

先日、スタッフ全員でセミナーを受講し修了証も頂き、今では食後に2粒噛んで唾液の量を増やしております( ›◡ु‹ )
image
噛むコミュニケーションを掛けて、
カミュニケーションなんてシャレてますよね((´艸`*))
当医院では、パウチタイプ100gを788円(税込)で販売しております。
通常のガムよりはちょっとお値段が上がりますが、フッ素が配合してるPOs-CaFは歯科医院でしかご購入できません。
これを機会に是非POs-CaFをいかがですか?

ご興味のある方は是非スタッフまでお申し出下さいませ。
image

私もセミナーを受けてから毎日ガムを噛む癖をつけたら、なんとなく前よりは唾液の量増えた気がします♪
皆さんも、POs-CaFを取り入れて唾液をたくさん出して口内環境を整えて行きましょう(o˘◡˘o)

IMG_7584-0.JPG

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。